アーカイブ 「東日本大震災」

2016年 3月 23日

息子のお友達が東北へ。。20160323

お友達が東北へ。。20160323


今朝の信濃毎日新聞に息子のお友達の記事が載っていました。
寂しくなりますが、新天地でのご活躍と家業のご繁栄を祈るばかりです。
*息子とは先日の「わかさぎ釣り教室」がお別れの日となりました。

震災から5年。
復興が当初の予定通りに進んでいないようです。
そして、未だに多くの方の人生に大きな影響を与え続けています。

真の復興が1日でも早く成るよう、私達も自身の事業を通して微力ながら社会貢献していきます。





銘木一枚板工房 信州・黒姫のとっこやさん
http://www.tokkoyasan.com/

天然木一枚板オーダー家具工房 tokkoya-kagu
http://www.tokkoya-kagu.com/

居宅介護支援事業所多羅尾事務所
http://taraode.gozaru.jp/


コメント(0)

2011年 4月 12日

福島原発の事故評価「レベル7」へ引き上げ

カテゴリー 東日本大震災


原子力安全・保安院が福島原発の今回の事故がチェルノブイリの事故と同レベルの大事故と評価しました。
「福島第一原発でこれまでに放出された放射性物質の量が、レベル7の基準に至ったため」ということのようです。

TV報道や政府の記者会見では今回の事故の大きさや放射性物質の放出がどの程度のものなのかつかみづらかったのですが(故意に掴みづらくしている感もありましたね)、この数値が今回の事故がどの程度の重大事故なのか一番客観的に分かる指標です。

私もそうでしたが、ネットやTV報道で地震発生直後から「チェルノブイリと比べ物にならない程度のもの」と聞かされていたため今回の「レベル7」の評価に驚かれた方も多かったのではないでしょうか。
「チェルノブイリよりもはるかに規模の小さい事故だから心配ない」ということを言う方もいらっしゃいましたが、福島原発の事故はまだ終息していないどころかまだまだ危険な状態であることを忘れていませんか?

最近は話題に出ることも大分少なくなったと思いますが、地震発生からしばらくTwitterやFacebook等のSNS上では事故のことや原発の恐ろしさなどのマイナスの情報を投稿するとそれがたとえ正確な情報であっても「不安を煽るな」などどバッシングする人が出るなど暗黙の、民間の「情報統制」が行われていました。
事故もとても恐ろしいものですが、私はこの風潮をさらに恐ろしく感じました。

復興に向けて明るい、力の出る情報を流すのは非常に良いことですが、「臭い物に蓋」をして現実逃避するのはいかがなものかと思います。

私はこの恐ろしい事故から決して目をそらさずに客観的事実を直視し、その上で被災地の復興や二度とこのような悲惨な事故が起きないようにするにはどうしたら良いのか「今から」真剣に議論する必要があると思います。

「喉元過ぎれば~」ということだけにはならないようにしっかりと!

今朝も千葉県東方沖と長野県北部で震度5弱の強い揺れがありました。
1日でも早く地震が沈静化し、原発の事故処理が完了することを願っています。

コメント(0)

2011年 3月 31日

激動の1カ月

カテゴリー 東日本大震災

$とっこやさんのブログ


今日で3月も終わりです。
もう2011年も4分の1が終わってしまったのですね。。。時の経つのは早いです。


東日本大震災。
大津波、大火災、原発の放射能漏洩、道路・交通機関のマヒ、電力の供給不足、ガソリン・食品・生活用品の買い占め。。。。
この恐怖体験は一生忘れないでしょう。

今回の地震が世界中の人々に与えた物理的・精神的な影響はとてつもなく大きなものですが、震災の直後から日本は復興に向かって動き出しています。
世界中の人々も一斉に手を差し伸べてくれています。

完全復興には非常に長い時間がかかりそうですが、1日でも早く復興したと言えるよう日々私に出来ることをして貢献していきます。
がんばろう、日本。

*上の写真は震災の前日、3月10日に撮影した長野市の善光寺です。





銘木一枚板工房 信州・黒姫のとっこやさん
http://www.tokkoyasan.com/

天然木一枚板オーダー家具工房 tokkoya-kagu
http://www.tokkoya-kagu.com/

居宅介護支援事業所多羅尾事務所
http://taraode.gozaru.jp/


コメント(0)

2011年 3月 25日

買い占め? ~深刻な住宅用建材の不足~

カテゴリー 東日本大震災

$とっこやさんのブログ


お客様より電話。
話し方から大阪の方のようでしたが、構造用合板をお探しとのこと。

私のところは無垢一枚板しか扱いが無いので在庫がない旨をお伝えするしかなかったのですが、この構造用合板、通常ならホームセンターでも売っているような商品です。

この件をTwitterでつぶやいたところ、数分後に事情に詳しい方からコメントを頂けました(Twitterはこの尋常でないレスの早さが素晴らしい!!)。

以下、その方の解説なのですが、
「日本で構造用合板を製造する5つの大工場のうち3つが被災地で壊滅的な打撃を受け、残りの工場も被災地の仮設住宅へ全力投入されている。仮設住宅の建設がひと段落すれば流通は復活するが、半年後との予想もある。」とのことでした。


なるほど。。。
これはかなり深刻な事態ですね。

ネット上で住宅用建材の買い占めがあったとの情報も多々ありました。
当然、国を挙げて何らかの対策があるとは思いますが。。。
これから家を建てる方への影響がなるべく出ないよう、早期に解決されることを祈ります。





銘木一枚板工房 信州・黒姫のとっこやさん
http://www.tokkoyasan.com/

天然木一枚板オーダー家具工房 tokkoya-kagu
http://www.tokkoya-kagu.com/

居宅介護支援事業所多羅尾事務所
http://taraode.gozaru.jp/


コメント(0)

2011年 3月 15日

普段の生活を続けるしかない〜福島第一原発の深刻な状況を受けて〜

カテゴリー 東日本大震災


福島第一原発が深刻な状況になってきました。

1号機と3号機の建屋が水素爆発により吹き飛び、2号機が心臓部に近い格納容器に破損が生じ、メルトダウン、高濃度放射性物質の漏洩の可能生も出てきています。

避難区域も拡大され、原発から20kmは完全退避、30kmは屋内待機となりました。
新聞やテレビでも放射線被害を防ぐ方法が紹介され始め、また、今日は東京でも微量の核反応生成物が確認されました。

非常に恐ろしい、というのが今の私の正直な気持ちです。
TwitterやFacebook上ではネガティブなツイート、投稿をするなという発言が大勢を占め(言葉は悪いですが言論統制のような恐ろしさを感じています。。。)、投稿の内容も震災前の日常のものに戻ってきました。

私は今日の時点ではまだ以前の気持ちには戻れていませんが。

皆さん、被災された方のためにも頑張って普段と変わらぬ生活を続けています。
私も1日でも早く楽しい話題をブログやTwiiter、Facebookにアップ出来るよう気持ちを切り替えていきます。

被災された方は想像出来ないほど苦しんでいるはず。
私が悩んでどうする?
皆さんの為にも頑張らなければ!

コメント(0)

Next »