アーカイブ 「Iターン」

2018年 10月 16日

麦ダンス農園のズッキーニ20181016

麦ダンス農園20181016


今日、友人が野尻湖でのキャンプがてらに寄ってくれました。
彼は小川村商工会青年部の部長。私が青年部部長になってから知り合った友人です。

彼は私より6年の後に長野へIターンして3年間の農業研修の後に独立し、小川村・「麦ダンス農園」にて有機農業に取り組んでいます。

日照時間が少なかったり、雨が降らなかったり。。
ここ2年ほどは天候に苦しめられているとのことでした。

農業。私達の生活に欠かせない大事な仕事ですが、大変な仕事だと思います。

お土産に、彼が作ったズッキーニをいただきました。
長野へ移住して、日々美味しい野菜を食べることが出来ていますが。。
彼の作ったズッキーニ、非常に美味しかったです。





天然木一枚板オーダー家具工房 tokkoya-kagu
https://www.tokkoya-kagu.com/



コメント(0)

2017年 8月 08日

「移住して3ヶ月仕事が見つからなかった移住者の今」20170808

私の移住体験が町移住サイトで紹介されました20170808


先日取材を受けた私の移住体験が「ありえない、いなかまち。」に掲載されました。
「移住して3ヶ月仕事が見つからなかった移住者の今」
「人脈なし、手に職なし、で思いつきで信濃町に移住した多羅尾さん」
想定外の衝撃的な書き出し(笑)の記事になりましたが、ご興味がありましたらご覧になってみて下さい。

ありえない信濃町通信 : https://shinanomachi-iju.jp/2176/






銘木一枚板工房 信州・黒姫のとっこやさん
www.tokkoyasan.com/

天然木一枚板オーダー家具工房 tokkoya-kagu
https://www.tokkoya-kagu.com/





コメント(0)

2015年 4月 26日

同期が突然来訪!20150426

同期が突然来訪!20150426


今日、東京にいた頃の会社の同期が突然訪ねてきました!
私が新卒で入社した会社の同期です。

私は入社3年半で退職しましたが、彼は昨年まで勤めて退社し、信州・安曇野にIターンしたとのこと。
私の退社後も新入社員研修で一緒だった同期数名とは何回か同期会で会ってはいたのですが(こういうことにマメなのが彼なのですが(^-^) )。。

再就職した会社が比較的近い長野市だということで寄ってくれたようなのですが。。
彼らとは不思議な縁があります。

今日はちょっと懐かしい、嬉しい気持ちになりました。
写真の足元のきのこのホダ木が気になりますが(^_^;)





銘木一枚板工房 信州・黒姫のとっこやさん
www.tokkoyasan.com/

天然木一枚板オーダー家具工房 tokkoya-kagu
https://www.tokkoya-kagu.com/





コメント(0)

2013年 4月 18日

黒姫移住10年。。

私達が2003年4月18日に信州・黒姫に移住して昨日で11年目に入りました。

10年前、私は28歳。
子供達もまだ生まれていませんでした。

今考えるとほとんど貯金もなく、仕事や住む家も決まっていない状態での移住の決断は無謀な
ことだったと思います。

私達を取り巻く環境はこの10年で信じられないほど激変しました。

都会の生活の中では皆無であった地域との交流。
組(都会で言う町内会)、消防団、商工会での活動は、私達に多くの仲間を作ってくれました。

移住の翌年には木材のネット販売と居宅介護支援事務所を起業しました。
経験もコネもお金も全く無い、ゼロの状態。
ここ数年でようやく地元でも私たちの取り組みを知ってもらえるようになってきました。

また、この10年の間に2人の子供を授かりました。
子供を育てることにより、人生にハリが出ました。
また、今まで見えていなかったことが見えてくるようになり、人間的に少しは(笑)成長できたの
かな。。と思っています。

長いような、短いような10年でした。
今は10年前と比べて、かなり具体的な目標も出来ました。

今から10年後には。。今の私には想像もつかないような自分になっていたいと思います。


*実は先週、私の38歳の誕生日があり、家族はささやかな誕生会を開いてくれました。
しかし、仕事がバタバタしていたためもあったのか。。
今年の誕生日は自分自身特に感慨がなく驚くほどさらっと終わってしまいました。
年を取っていくこと、ちょっと悲しいですね(^_^;)





銘木一枚板工房 信州・黒姫のとっこやさん
www.tokkoyasan.com/

天然木一枚板オーダー家具工房 tokkoya-kagu
https://www.tokkoya-kagu.com/





コメント(0)

2005年 6月 30日

移住前と移住後での違い

カテゴリー 田舎暮らし,Iターン

今日は移住前と移住後での生活の違いについて書きます。


*平均労働拘束時間(通勤時間含む)
16時間/日9時間/日 大幅に減少!
◎現在、昼は家に帰って昼食を取り、20分ほど仮眠を取っています。
仕事に費やす時間は減りましたが、集落の行事や消防団の活動、畑、草刈り、薪運びなどなど・・・・。
休日はかえって忙しくなりました。
毎日が充実していますが、もう少し自分の時間が取れれば・・・・と思っています。

*世帯年収 ???万円3分の1に
◎始めはこれで大丈夫か?と思いましたが何とかやっていけています。

*生活費 ??万円4分の1に
◎食物の自給率を高め、食費、光熱費を抑えています。
毎日の節約の成果が上がって生活費はかなり抑えられています。
妻に感謝!!でもやっぱり家賃が20分の1になったのが一番大きいかもしれません。

*冬 他の季節と特に変化なし除雪!薪運び
◎毎朝、他の季節よりも1時間早く起床して家の前を除雪し、車で出られるようにします。
大雪の日は夜も除雪が待っています。
休日は屋根の雪下ろし等、大掛かりな除雪でつぶれることが多くなります。
ストーブの燃料の薪をストーブの前にせっせと運びます。

*近所付き合い (ほとんど)なし!毎日何かしら
◎朝の挨拶はもちろんのこと、野菜やおかずを頂いたりお返ししたり・・。

*移動手段 主に電車・バス・徒歩車
◎どこへ行くにも車が必需品となっています。お年寄りは軽自動車・原付バイク(特に女性)の方が多いです。
軽自動車の所持率が非常に高いのにも驚きました。
移住後は歩くことが少なくなりました。

今後も気付いた点は随時更新していきます。





銘木一枚板工房 信州・黒姫のとっこやさん
www.tokkoyasan.com/

天然木一枚板オーダー家具工房 tokkoya-kagu
https://www.tokkoya-kagu.com/





コメント(2)

Next »