アーカイブ 2006年10月

2006年 10月 29日

お客様の作品 けやきの小机

とっこやさん常連のお客様、奈良県の徳山様より作品の写真をお送りいただきました。当店のケヤキ材を天板としてご使用になり「欅の小机」をご製作になりました。


とっこやさん常連のお客様、奈良県の徳山様より作品の写真をお送りいただきました。
当店のケヤキ材を天板としてご使用になり「欅の小机」をご製作になりました。

この天板の綺麗な木目を生かすためシンプルに仕上げられました。
ほぞの頭を少し出してアクセントをつけられたところが徳山様こだわりのポイントです。

脚は、お知り合いの大工さんからいただいた洋桜をご使用になりました。
仕上げは亜麻仁油だそうです。

子育てをされながら短期間にたくさんの作品をご製作されるパワー、また、プロ顔負けの作品の仕上がり・・・。
徳山様には頭が下がります。

いつも作品をご投稿いただき誠にありがとうございます!
お近くにお越しの際は是非当店にお立ち寄りください。
今後とも是非よろしくお願いいたします。





銘木一枚板工房 信州・黒姫のとっこやさん
http://www.tokkoyasan.com/

天然木一枚板オーダー家具工房 tokkoya-kagu
http://www.tokkoya-kagu.com/

居宅介護支援事業所多羅尾事務所
http://taraode.gozaru.jp/


コメント(0)

2006年 10月 26日

薪ストーブの季節到来

日中の寒さに耐え切れず、本日薪ストーブを使ってしまいました。今年の春に最後に使ってから6ヶ月とちょっとぶり、薪ストーブのシーズンの始まりです。


日中の寒さに耐え切れず、本日薪ストーブを使ってしまいました。
今年の春に最後に使ってから6ヶ月とちょっとぶり、薪ストーブのシーズンの始まりです。
ホームセンターで購入した安いものですが、今シーズンもぽかぽかと暖かく部屋を暖めてくれました。



薪ストーブ初体験のボクチャンもご満悦のご様子でした!


薪ストーブ初体験のボクチャンもご満悦のご様子でした!





銘木一枚板工房 信州・黒姫のとっこやさん
http://www.tokkoyasan.com/

天然木一枚板オーダー家具工房 tokkoya-kagu
http://www.tokkoya-kagu.com/

居宅介護支援事業所多羅尾事務所
http://taraode.gozaru.jp/


コメント(0)

2006年 10月 23日

お客様の作品 栗輪切り材を使った小さな椅子

とっこやさんの栗の輪切り材と徳山様が以前に入手され乾燥させておいた桜の枝をご使用になり「小さな椅子」をご製作されました。


とっこやさん常連のお客様、奈良県の徳山様より作品の写真をお送りいただきました。
当店の栗の輪切り材と徳山様が以前に入手され乾燥させておいた桜の枝をご使用になり「小さな椅子」をご製作されました。

枝を完全に乾燥させてあったため、えんぴつを削るようにスイスイと削ることが出来たそうです。
枝の二股の部分と、フックの部分が徳山様のこだわりのポイントです。
背板は黒柿をご使用になりました。

輪切りを椅子にご使用になるとは予想外でした。
面白い形の輪切りだったのでどんな作品になるか楽しみだったのですが、とてもかわいい作品になりましたね!

いつも作品の写真画像をお送りいただきありがとうございます!
次回作のご投稿も楽しみにお待ちしております。
今後とも是非よろしくお願いいたします。





銘木一枚板工房 信州・黒姫のとっこやさん
http://www.tokkoyasan.com/

天然木一枚板オーダー家具工房 tokkoya-kagu
http://www.tokkoya-kagu.com/

居宅介護支援事業所多羅尾事務所
http://taraode.gozaru.jp/


コメント(0)

2006年 10月 18日

お客様の作品 栗一枚板の飾り棚

とっこやさんの栗一枚板をふんだんにご使用になり飾り棚をご製作されました。
とっこやさんの栗一枚板をふんだんにご使用になり飾り棚をご製作されました。


とっこやさんのお客様、奈良県の徳山様より作品の写真をお送りいただきました。
当店の栗一枚板をふんだんにご使用になり飾り棚をご製作されました。

作品の製作過程や苦労されたところなど詳細に、そして楽しく読めるとても素晴らしい文章だったので今回はいただいたメールの文章をそのまま掲載いたします。
以下、徳山様のメールです。




木工は全くの素人ですが、知り合いの作家さんに無理を言って初めて創らせてもらったのが、この形の飾り棚でした。(栃と胡桃の木で創りました。)
その後、楡の木で創り、ひとりでする事の大変さを思い知らされ・・・今回は1番小さい物だったので楽しめました。

ご近所の大工の棟梁もとても親切に教えてくれます。
いつもプレーナーで板の水平を出してもらってます。
ノミまで研いでいただいています。

大工さんの仕事は、ノミ研ぎから始まります。
「こんな道具で、ようここまでやったなぁ。」て、笑ったはりました。(もちろん、ホームセンターで買いました。)

購入した板を最大限に使い、丸ノコで板の上下をカットし、凸凹部分、刳り貫き部分は粗方ジグソーで切り落とし、ノミで仕上げました。
木は切りすぎてしまうと取り返しがつかないので、きつい目にしておく事は大事ですね。

この作品は割と隙間なくできました。一作ごとに少しずつ進歩していくものですね。
でも、組み立てる時はご近所に気兼ねするくらいの凄い音が鳴り響いてしまいます。

側板に割れがあったため、黒柿で契りを入れました。
何を創るにしても、どこかに契りを入れたくなります。
いい感じに割れてないかなぁ~て探してしまいます。

契りの入れ方を教わったのが、木工との出会いです。
楔も黒柿です。亜麻仁油で仕上げました。
栗の木目がいい感じ・・・。やっぱり、みんな栗にしてよかったです。

◆◆印は、イニシャルNのマークです。
これも師匠のをパクっています。
同じイニシャルなもので・・・(笑)

節があったり、穴が開いていたり、木目がすごかったり、表情のある木が好きです。
そうそう、耳は絶対あった方がいいです。
栗とか胡桃、なんだか実のなる木がお気に入りです。やっぱり師匠の影響かなぁ・・・?

秋は創作意欲が湧きますね。
完成した時の喜びがあるから、またまた調子に乗って創ってしまいます。
欅の小机も、あと少し・・・早く仕上げて、また、送らせていただきます。




以上、徳山様のメールでした。

お近くにご親切な大工さんややさしい作家さんがいらっしゃってご指導を受けることが出来るとは素晴らしい環境ですね!
作品はとても素人の物とは思えないほどの出来です。
このブログをご覧の皆様にもきっとご参考になることと思います。

前回の楢の長椅子に引き続いての作品をご投稿、誠にありがとうございました!
次回作、「欅の小机」のご投稿も首を長くしてお待ちしております。
今後とも是非よろしくお願いいたします。





銘木一枚板工房 信州・黒姫のとっこやさん
http://www.tokkoyasan.com/

天然木一枚板オーダー家具工房 tokkoya-kagu
http://www.tokkoya-kagu.com/

居宅介護支援事業所多羅尾事務所
http://taraode.gozaru.jp/


コメント(0)

2006年 10月 15日

虹を見ました!

カテゴリー

$とっこやさんのブログ


先日、車を運転していたら虹が出ていました。
こちらに移住してから虹は結構な回数見ていますが、今回の虹はかなり低い位置に出ていました。

虹を見ると、なんだかちょっぴり幸せな気分になれます。
一面黄金色に輝いていた近所の田んぼでは稲刈りが終わりに近づき、いたるところに「小人の家」が出現しています。





銘木一枚板工房 信州・黒姫のとっこやさん
http://www.tokkoyasan.com/

天然木一枚板オーダー家具工房 tokkoya-kagu
http://www.tokkoya-kagu.com/

居宅介護支援事業所多羅尾事務所
http://taraode.gozaru.jp/


コメント(0)

Next »