アーカイブ 2017年6月

2017年 6月 30日

お客様の作品「胡桃一枚板ブックシェルフ・チーク一枚板bluetoothレシーバー・一枚板掛け時計(山桜・水目桜)」~京都府・松井様~

お客様の作品「胡桃一枚板ブックシェルフ・チーク一枚板bluetoothレシーバー・一枚板掛け時計(山桜・水目桜)」20170630


とっこやさん常連のお客様、京都府・松井様より作品のご投稿・コメントを頂きました。
今回はご購入頂いた胡桃・チーク・山桜・水目桜をご使用になって製作された作品です。
以下、松井様のコメントです。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

とっこやさん。ご無沙汰しております。京都の松井です。
しばらく生産ペースが落ちておりましたが、少ない注文の傍らで、すこしずつ楽しみながら
作品を作っておりました。

4月に注文したクルミ板とチーク材で、ブックシェルフとbluetoothレシーバーを作りました。
前者は仕事で重宝しております。
いつもながら、銘木とホームセンター調達材のコラボで楽しんでおります。

レシーバーは裏面にスピーカーを1個付けて、スピーカー端子を並べて、いろんな接続の仕方を
楽しめるようにしました。
昔流行ったマトリクススピーカー的な立体音場になるかと思いましたが大失敗、サブウーファー
出力から鳴らしてみても音が割れるだけ、結局裏のスピーカーには何も接続せずにパッシブラジ
エター代わりに動かすのが一番と分かると、多少がっかりです。

6月注文の山桜と水目桜で、現在新築工事中のお宅のお祝い品である掛け時計を作ってみました。
一部は以前注文した端材(桑等)を使っています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

耳付き一枚板を両サイドに使用したブックシェルフ。
DIYを始めたばかりの方にはオススメの作品です。

掛け時計、中央には桑材、文字盤には直径10mmの銘木丸棒をお使いいただいています。
新築お祝いの一枚板の掛け時計。
きっと喜ばれると思います。

当店の銘木とホームセンター調達材とで製作された作品。
全てを銘木で製作したいが予算が。。という方は是非参考になさって下さい。

いつも作品のご投稿をいただき有り難うございます。
今後ともとっこやさんをよろしくお願い致します。





銘木一枚板工房 信州・黒姫のとっこやさん
http://www.tokkoyasan.com/

天然木一枚板オーダー家具工房 tokkoya-kagu
http://www.tokkoya-kagu.com/

居宅介護支援事業所多羅尾事務所
http://taraode.gozaru.jp/


コメント(0)

2017年 6月 27日

貸家リフォームが始まりました(内覧予約受付中!)20170627

カテゴリー 仕事,空き家情報

貸家リフォームが始まりました20170627-1


4月末に退去が完了した貸家のリフォーム工事が始まりました。
今回は、浄化槽新設と屋根・外壁塗装、室内改装等々、大規模な工事となります。

室内ではトイレと給湯器を新品交換し、和室1室をクロス・フローリング張りの洋室に模様替えします。
かなりの出費となりますが、物件を良好な状態で維持するため、また若干時代遅れとなった和室中心の間取りを借主さんのニーズに合ったものにするため、思い切って変えることにしました。



貸家リフォームが始まりました20170627-2


リフォーム工事前に役場の空家バンクに登録したところ、早速1件の内覧予約を頂きました。
リフォーム工事完了後、内覧予約を頂いた順にご案内していきます。
*内覧をお申し込みいただいても内覧前に契約が決まってしまうこともございます。ご了承の上お申込み下さい。

地域で良好な住宅を提供出来るよう今後も努力します!





銘木一枚板工房 信州・黒姫のとっこやさん
http://www.tokkoyasan.com/

天然木一枚板オーダー家具工房 tokkoya-kagu
http://www.tokkoya-kagu.com/

居宅介護支援事業所多羅尾事務所
http://taraode.gozaru.jp/


コメント(0)

2017年 6月 22日

銘木大鼓バチオーダー製作事例20170622

銘木大鼓バチオーダー製作事例20170622-1

茨城と栃木のお客様にオーダー注文頂いていた太鼓バチを発送しました。

上の写真は栃木のお客様にお送りしたもの。
現在ご使用になっているバチをお送りいただき(写真左)、同サイズにて製作しました。
朴(ホオ)のバチを6セット、ヒノキのバチを1セットのご注文でした。



銘木大鼓バチオーダー製作事例(山桜・ホワイトアッシュ・シラカシバチ)20170622-2

こちらは茨城のお客様のご注文。
写真左の山桜のバチがお客様にお送りいただいた山桜のバチです。

色々な樹種を試したいとのご要望があり、写真右より白樫(シラカシ)、山桜、ホワイトアッシュの3種を各2セットずつ製作しました。

そろそろ祭りの準備の時期になりました。
とっこやさんでは他店にない樹種・サイズのバチをオーダー製作しています。
お気軽にお問い合わせ下さい!





銘木一枚板工房 信州・黒姫のとっこやさん
http://www.tokkoyasan.com/

天然木一枚板オーダー家具工房 tokkoya-kagu
http://www.tokkoya-kagu.com/

居宅介護支援事業所多羅尾事務所
http://taraode.gozaru.jp/


コメント(0)

2017年 6月 21日

総栗造り一枚板テーブル・電子レンジ台・座卓脚完成!20170621

総栗造り一枚板テーブル・電子レンジ台・座卓脚20170621


4月上旬にオーダー注文頂いていた千葉県・伊藤様の一枚板テーブル・電子レンジ台・座卓脚が完成しました!



栗一枚板天板素材20170621


テーブル天板素材は伊藤様自らとっこやさんにご来店いただき、選ばれました。
サイズは厚み56mm×最大幅770mm×長さ1540mm。
栗特有の杢目の美しい材。
節の部分に入っている青銅色の色味がアクセントとなっています。
この色は木の成長の過程で付いた天然のものですが、節の年輪の部分に沿って出ており、オイル塗装を施すと良い風合いになりました。

写真上部の入り皮の部分をカットし、長さを1250mmに仕上げました。



総栗造り一枚板テーブル20170621


脚はコーナー4本脚タイプ。
脚の素材にも栗を使用した「総栗造り」です。
天板と脚はボルトを使用して着脱可能な仕様としました。

1~2名でお使いになる想定で天板は小さめのものをお選びになった関係上、脚の仕様はテーブル・座卓兼用脚を選択出来ない状況だったのですが、座卓としてもお使いになりたいとの伊藤様の強いご要望があり、今回は別に座卓専用の脚を製作することにしました。



総栗造り座卓脚20170621


座卓脚。
天板の幅に合わせてサイズを決定しました。
部材は全て栗材です。



総栗造り一枚板電子レンジ台20170621


レンジ台。
天板サイズはレンジに合わせ幅600mmに。
手前の部分は一枚板の「耳」の部分を残し、高さは680mmにて製作しました。
こちらも総栗造りです。


塗装したオイルも乾き、これから納品日の打ち合わせをして出荷するのみです。
今回も良いもの、出来ました(^-^)





銘木一枚板工房 信州・黒姫のとっこやさん
http://www.tokkoyasan.com/

天然木一枚板オーダー家具工房 tokkoya-kagu
http://www.tokkoya-kagu.com/

居宅介護支援事業所多羅尾事務所
http://taraode.gozaru.jp/


コメント(0)

2017年 6月 13日

自分のルーツを知る旅へ~信楽町多羅尾探訪~20170611-0612

信楽町多羅尾探訪20170611-1


ふと思い立ち、家族と自分達のルーツを知る旅へ出かけることにしました。
場所は滋賀県甲賀市信楽町。
信楽焼で有名な焼き物の町です。



信楽町多羅尾探訪20170611-3


町内では至る所に信楽焼のたぬきや窯元を見ることが出来ました。



信楽町多羅尾探訪20170611-2


その信楽町の中に今回の旅の一番の目的地である「多羅尾」があります。
多羅尾に入ると至る所に「多羅尾」を冠する看板が。。



信楽町多羅尾探訪20170611-5
信楽町多羅尾探訪20170611-4
信楽町多羅尾探訪20170611-6
信楽町多羅尾探訪20170611-7


多羅尾小学校、消防団多羅尾分団、たらおはし。。
生まれてから現在まで「珍しい名字だね」と言われて来たのですが、ここではそれが嘘のようです。



信楽町多羅尾探訪20170611-8
信楽町多羅尾探訪20170611-9


多羅尾代官所陣屋跡。
1週間ほど前に一般公開が終わってしまっていたのですが、たまたまの出会い・幸運が重なり、保存会の会長さんに中を案内していただくことが出来ました。



信楽町多羅尾探訪20170611-10


この地より起こった多羅尾氏は江戸時代、ここに代官所を築いて地域を治めていたそうです。
明治初期の写真が展示されていたのですが、石垣は今でも壊れずに当時の形のまま綺麗に残っていました。



信楽町多羅尾探訪20170611-11


敷地の奥には1件の古屋と蔵がありました。
数年前まで一族の末裔の方が住んでいたとのことでした。



信楽町多羅尾探訪20170611-12


滋賀県は黒姫から420km、車で7時間ほどかかるかなり遠い地でした。
2日間の旅はあっという間に終わってしまいましたが、非常に勉強になり、また珍百景的な面白い旅になりました。



信楽町多羅尾探訪20170611-13


余談ですが。。
町内の至る所に写真のような木製の子供の看板がありました。
多いところでは100~200mに1つあるレベルです。

以前にテレビかネットで目にしたことがありましたが、「とび太くん」という名前らしいです。
高速のSAでもグッズが売られていました。
上のリンク内の記事にもありましたが、少子高齢化で子供の姿をあまり見かけなくなった町内では、看板のほうが多いのでは。。と思われました。





銘木一枚板工房 信州・黒姫のとっこやさん
http://www.tokkoyasan.com/

天然木一枚板オーダー家具工房 tokkoya-kagu
http://www.tokkoya-kagu.com/

居宅介護支援事業所多羅尾事務所
http://taraode.gozaru.jp/


コメント(0)

Next »