アーカイブ 2006年5月

2006年 5月 29日

根曲がり竹

カテゴリー 田舎暮らし

$信州・黒姫のとっこやさんのブログ

お客様に竹の子を頂きました!

この竹の子、見たことありますか?
これは「根曲がり竹」といいます。
この辺りで竹の子といえば「根曲がり竹」のことです。

毎年、この時期になると竹の子採りの好きな人は頻繁に山に登ります(山菜組合なるものがあり「採る権利」を買わないと山に入れませんのでご注意ください)。

これがかなりハード!私も2回ほど地元の方に竹の子採りに連れて行っていただきましたが想像を絶するほどきつく、途中、恥も外聞も捨て山道のど真ん中で30分ほど昼寝して休んだほどでした。
これだけきつい上に、この辺りは熊が頻繁にが出没するので非常に危険なのです。
昨年も近くで犬の散歩中に熊に襲われ亡くなった方がいました。

地元の方はそろって「採りに行ったことのない人には竹の子は食べさせられない」といいますがそれは良く分かります。
地元の人の中には大量に採ってきた竹の子を水煮にして瓶詰めにし、売っている人もいます。
採るのが大変なためでしょうか、かなり高いです。

採ってきた竹の子は「竹の子汁」にします。
茹でてマヨネーズをつけて食べる人もいますが「竹の子汁」がメジャーな食べ方です。
1本1本手で皮をむき、節の硬い部分を包丁で切って取り除きます。

これがまた手間がかかります。
その上、作業を終えると山ほどあった竹の子は半分以上が捨てる部分なので「えっ!これだけ?!」という量になってしまいます。

あとはサバの水煮缶と一緒に煮立たせ、味噌で味付けして完成です。
これだけ手間をかけて作る竹の子汁の味は格別です。
今日の夕飯は竹の子汁です!





銘木一枚板工房 信州・黒姫のとっこやさん
http://www.tokkoyasan.com/

天然木一枚板オーダー家具工房 tokkoya-kagu
http://www.tokkoya-kagu.com/

居宅介護支援事業所多羅尾事務所
http://taraode.gozaru.jp/


コメント(0)

2006年 5月 23日

お客様の作品 栗一枚板の看板

お客様の作品 栗一枚板の看板 陽月菓子店 「ぶちょうほまんじゅう」

とっこやさんのお客様、茨城県の江刺家様より作品の写真をお送りいただきました。
当店のクリの一枚板をお使いになり、看板をご製作されました。

盛岡で和菓子屋を営んでいらっしゃる義父様のお店に看板を贈ろうとご製作を思い立たれたそうです。
江刺家様は木工工作などは全くやられたことが無かったのでうまくできるか不安だったそうですが、当店ブログの作品例を参考に作品を見事に仕上げられました。
文字は彫刻刀で「かまぼこ彫り」にされました。

写真を見ただけでもすばらしい出来栄えだということが良く分かり、ご主人様が感激されたこともうなずけます。楽しんでご製作いただけたようで大変うれしく思っております。

この度は作品のご投稿、誠にありがとうございました。
次回ご製作予定のウェルカムボードのご投稿も心よりお待ちしております!

ちなみに義父様のお店陽月菓子店は「ぶちょうほまんじゅう」というお餅が有名だそうですが、予約無しでは買えないほどの人気商品だそうですのでご予約の上、お出かけください。





銘木一枚板工房 信州・黒姫のとっこやさん
http://www.tokkoyasan.com/

天然木一枚板オーダー家具工房 tokkoya-kagu
http://www.tokkoya-kagu.com/

居宅介護支援事業所多羅尾事務所
http://taraode.gozaru.jp/


コメント(0)

2006年 5月 22日

今日は薪割り日和

今日は薪割り日和今回のはほとんど唐松です。節が多く、割るのに苦労しそうです。明日は間違いなく筋肉痛ですね・・。

今日は天気が良いので薪割り日和です。

今回のはほとんど唐松です。節が多く、割るのに苦労しそうです。明日は間違いなく筋肉痛ですね・・。





銘木一枚板工房 信州・黒姫のとっこやさん
http://www.tokkoyasan.com/

天然木一枚板オーダー家具工房 tokkoya-kagu
http://www.tokkoya-kagu.com/

居宅介護支援事業所多羅尾事務所
http://taraode.gozaru.jp/


コメント(0)

2006年 5月 21日

お客様の作品 ケヤキ3枚矧ぎのテーブル

お客様の作品 ケヤキ3枚矧ぎのテーブルジョイント部にはイペ材を細く裂き象嵌のように埋めこまれたそうです。

お客様の作品 ケヤキ3枚矧ぎのテーブル


とっこやさんのお客様、神奈川県の高井様より作品の写真をお送りいただきました(ご投稿も常連様ですね!)。

ケヤキ3枚矧ぎのテーブルです。
ジョイント部にはイペ材を細く裂き象嵌のように埋めこまれたそうです。

仕上げは荏油を根気良く擦りこまれました。
脚は木の楔でとめてあるため着脱可能だそうです。

83才のお母様の大腿骨を骨折されたのを機に、座る生活からの脱却を考えテーブル作りに挑戦されたそうですが、写真を見ただけでも素晴らしい大作であることがわかります。
3枚接ぎによって広幅になり存在感が出ました。

板の杢は別としてもこれだけの幅の一枚板を購入したらかなりの高額になってしまいます。

今回の作品のケヤキ材は当店が御提供したものではありませんが(ちょっと残念!)、そういったことはお気になさらず、たくさんの方のご投稿お待ちしています!
ちなみに今まで「作品例」に掲載した作品のほぼ全てがアマチュアの方(プロ級の腕前の方もいますが)の作品です。

作品のご投稿、誠にありがとうございました!今後ともよろしくお願いいたします!





銘木一枚板工房 信州・黒姫のとっこやさん
http://www.tokkoyasan.com/

天然木一枚板オーダー家具工房 tokkoya-kagu
http://www.tokkoya-kagu.com/

居宅介護支援事業所多羅尾事務所
http://taraode.gozaru.jp/


コメント(0)

2006年 5月 20日

お客様の作品 ケヤキ一枚板のローテーブル

欅一枚板ローテーブル

当店のお客様、鈴木様より作品の写真をお送りいただきました(前回のお約束どおり写真を送っていただき誠にありがとうございます!!)。
当店でお買い求めいただいた欅でローテーブルをご製作されました。


欅一枚板ローテーブル2

「岳志」の印、作られたのですね。イケてます!
無垢板で家具を作られるのは初めてだったそうですが、前回の表札に引き続いて大変素晴らしい出来栄えになっております。

今回の制作を終えられ、今後は技術的にもデザインにもさらに磨きをかけ、木に力をかりながら、自分らしい感性で作品づくりをしていきたいということでした。


鈴木様はご自宅が当店のある信濃町のお隣の市にお住まいなこともあり、材を直接買付けに来られるのですが、年齢が私と同じであったことが印象深く、また、板をかなりの時間をかけて眺め、見定めているお姿を見て本当に木が好きなのだなあと感服したのを思い出しました。


今回も作品のご投稿、誠にありがとうございました!今後とも是非よろしくお願いいたします!!





銘木一枚板工房 信州・黒姫のとっこやさん
http://www.tokkoyasan.com/

天然木一枚板オーダー家具工房 tokkoya-kagu
http://www.tokkoya-kagu.com/

居宅介護支援事業所多羅尾事務所
http://taraode.gozaru.jp/


コメント(0)

Next »