アーカイブ 「釣り道具」

2017年 1月 07日

お客様の作品「キス釣り用木おもり」~神奈川県伊藤様~

キス釣り用木おもり20170107


とっこやさんのお客様、神奈川県・伊藤様より作品をご投稿いただきました。
当店の銘木欅(ケヤキ)丸棒をご使用になり「木おもり」を製作されました。
以下、伊藤様よりいただいたコメントです。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

伊藤です。

小生はキス釣りのみに使用していますが他の魚種に使用する釣り師もいるようです。
送付した写真ですが、左は市販のオモリです。

作成した木オモリは25号の重さで、ある会社で作成してもらった焼き印「25」が押し
てあります。
もう一種の木オモリには2液性ウレタン塗装をしましたが、今ひとつの出来なので写真は
送りませんでした。

また、製作意欲が沸いたときには丸棒をオーダーするかも知れませんので、その折りには
よろしくお願いします。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


私は「木おもり」を知らなかったので、ネットで調べて見たところ、下記のようなメリットがあるようです。

・木の浮力がオモリの重量を打ち消し水中での重量が軽くなることにより、オモリと海底との接触抵抗が小さくなり、引き重り感が少なく軽快に引ける。
・木の浮力により天秤が立つため、仕掛けが底に這わずに海底から少し浮いた状態になり誘いの効果が高い。

投げ釣りに使うようですね。。
投げ釣りは子供の頃に1~2度やったことがありますが、また挑戦してみたくなりました。

以前にも銘木丸棒でルアーを製作したお客様のご投稿がありましたが、丸棒は釣り道具のDIYと相性が良いのでしょうか?

今回もとっこやさんの素材で私の想像もつかないような作品をご投稿いただきました。
いつも非常に勉強になり大変嬉しく思っています。

この度は作品のご投稿をいただき誠にありがとうございました。
自家製木おもりの釣果も是非お知らせください!
今後ともとっこやさんをよろしくお願い致します。





銘木一枚板工房 信州・黒姫のとっこやさん
http://www.tokkoyasan.com/

天然木一枚板オーダー家具工房 tokkoya-kagu
http://www.tokkoya-kagu.com/

居宅介護支援事業所多羅尾事務所
http://taraode.gozaru.jp/


コメント(0)

2009年 7月 05日

お客様の作品 キハダのロッドグリップ




当店常連のお客様、千葉県の伊藤様より作品をご投稿いただきました。
以下、伊藤様のコメントです。








いつもお世話になります


今回もいい柄の出ている木を送って頂きありがとうございます。

ランディングネットも好調で、暇を見つけては製作に励んでいます。

画像を2枚添付しますので、よかったらHPに載せて下さい



今はルアー用釣り竿のロッドグリップを作成しています。

ロッドグリップは前回送って頂いた  キハダ で作成しました


これからも宜しくお願いします







伊藤様は岩魚釣りがご趣味で以前にもランディングネットのフレームをご投稿いただきました。
これからも杢の良い材で素晴らしい手道具を製作してください。


この度は作品をご投稿いただき誠にありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。

コメント(0)

2008年 8月 01日

お客様の作品 毛ばりケース




当店のお客様、千葉県の伊藤様より作品をご投稿いただきました。
当店のエンジュ端材をご使用になり毛ばりケースを製作されました。
以下、伊藤様のコメントです。







以前、エンジュを送って頂いてありがとうございました
仕事が忙しく、趣味の木工作業が進みませんでした

やっと、毛針ケースが完成しましたので画像を送ります

暇をみつけ又材木を注文させて頂きたいと思っています
宜しくお願いします





伊藤様はご趣味の岩魚釣りの道具を自作されています。前回はランディングネットのフレームをご投稿いただきましたので今回は2作目です。

エンジュは縁起の良い木とされていますのでこの毛ばりケースを持って出かければ釣果が上がるかもしれませんね?!

私がお送りしたちょっと大きめのエンジュのブロックをどのように加工して小箱にされたのか非常に興味があります。お時間がございましたら是非ご教授下さい。



この度は作品をご投稿いただき誠にありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。

コメント(0)

2008年 6月 24日

お客様の作品 ランディングネットのフレーム



当店のお客様、千葉県の伊藤様より作品をご投稿いただきました。
ご趣味の岩魚釣りの道具であるランディングネットのフレームをご製作されました。
以下、伊藤様のコメントです。







僕は車の室内に木目アートを描いています。
仕事で木目アートを描いていると、どうしても原点である本物を使ってみたくなりランディングネット作製をはじめました。


材質:グリップ部  とちパール
    フレーム   内側 シャム柿   外側 とち杢
   (材料の)入手先:SHOP翡翠(ランディングネットの材料専門)


製作: グリップは型紙を作り型紙に合わせ材木をカット  
     フレームは長さ1000㎜幅15㎜厚み2㎜の板材を一枚ずつ型に合わせて
     4枚接着剤で貼り付け  
    フレームの板材はあらかじめ、お湯などにつけて柔らかくして型に巻き付け
    整形して乾燥

    最後にカットしたグリップ部とフレームを接着して、後はひたすらサンディング!
    塗装は自動車塗装用の2:1のハードクリヤーウレタン(仕上げ塗装)です。
    クリヤーのみで、一切着色はしていません。

   

製作時間: 乾燥時間含む作業時間約20日   
       お湯で柔らかくする 3日  型に巻いて乾燥 3日
       接着剤乾燥 1~2日  
       塗装時間 乾燥含む 4日(木材にクリヤーを浸透させる為アクリルを3~4回)



苦労したポイント:綺麗な玉杢が出ている材料は節だらけでフレームを曲げる時、節のところ
           から折れてしまいかなり苦労しました。





伊藤様は車の内装のお仕事をされるうちに木工にたどり着かれたのですね!
あまりに素晴らしい出来栄えであったので信じられませんでしたが、実はこの作品は伊藤様が初めて製作されたものだそうです。
今回当店でご購入されたエンジュのブロックではランディングネットのグリップと毛針ケースを製作されるご予定とか。

この度は作品をご投稿いただき誠にありがとうございました。
次回作のご投稿も心よりお待ちしております

コメント(0)